"地平線"

Aigerimによる2017年春夏コレクションは、新たな地平線を旅する一風変わったストーリー仕立てになっている。もし遊牧民がユーラシア・ステップを旅してバイコヌール宇宙基地にたどり着き、宇宙への新しい地平線を発見したら?そのとき彼らのワードローブはどのように変わるだろうか?

 

この地球と宇宙、過去と未来のあいだの変わった旅からインスパイアを受けている。”地平線”は遊牧民のワードローブのデザインがどのように変化し、輝きをもたらし、新しい環境へ適応するかという答えである。
 

遊牧民のワードローブである”shapan” (カザフスタンの伝統的なガウン)からインスパイアされてエレガンスさと機能性、新素材の使用しており、

そのデザインは現代の「大地の娘」であるカザフスタンの女性のユニークな美しさを強調している。個性的な風味、オリジナルであること、デザインとラベルだけではないサステナビリティを求める人々へ向けて。

 

この完成されたデザインは柔らかく繊細で、ウエストラインは強調され女性らしく近代的である。色調は地球と宇宙の色から茶色、オレンジ、黄色、青、水色になっている。ブロックカラーとプリントはこの新しい”地平線”の旅への想像を呼び起こす。スリムでエキセントリックに重ねられた革新的な重ね着、異素材の布の使い方は個々のコーディネートを多種多様な旅人のマストハブアイテムにしている。